個展「わたしの遺跡を見学する」開催のお知らせ

下記のとおり、個展を開催する運びとなりました。

展覧会名 「わたしの遺跡を見学する」

日時 3月22日(月)〜27日(土)12:00〜19:00(最終日は17:00まで)
場所 表参道画廊 東京都渋谷区神宮前4-17-3 アーク・アトリウムB02

照明 中山奈美

ギャラリー展示案内 地図(Googleの地図が開きます)

「ことば」への距離、「わたし」への距離がテーマの作品です。

気遣いの多い時期となりますが、ご無理のない範囲で足をお運びいただき、作品を直接にごらんいただけましたら幸いです。

──── 

毎夜 枕もとにノートとペンを置いて

わかるということが わからない

見た夢を書きとめていた

自分のことばという事態が つかめない

はじめて ひらいてみる

ことばは異物であるはずだから

なにも 思い出せない 書いたということすらも

わたしから ひきはがす なるべく 遠くへ

これは誰か ほかの人の記憶ではないのか

わたしから わたしを ひきはがす

25の夢ノート もういちど 記憶する
からだを通過させる
目を閉じて 読めない文字で 書いていく

───────────

10年ほど前から、枕もとにノートとペンを置いておき、夢を見ながら目覚めるようなとき、なかば眠ったままに、その内容を書きとめていた。
昨年、そのノートをはじめてひらいてみたのだけれど、見事になにも思い出せない。
すべてが、まるで他人が書いたもののように、よそよそしく感じられる。
でも、そこにあるのは確かに私の文字なのだ。

今回の展示は、そのノートのなかの25個の夢の記録を暗記し、目を閉じて、左手で、鏡文字で書きうつしていく、という作品が中心となっている。
なぜ、このような作品をつくろうと思ったのか。その背景にはおもに次の2つがあった。


私には、「ことば」へのずれと距離、とくに「わたし」という語へのずれと距離の感覚が、つねにある。
そこから、自分の発することばをなるべく遠ざけたい、自分からひきはがして、「読めない」「わからない」姿で──なぜなら、それが本来の姿だと感じるから──向こう側に置いて見たい、という欲求が生じ、それが最近の制作の大きな動機となっている。


また、今回は
「いちど忘れ、離れてしまったことば/記憶を、もう一度からだに入れ、通過させて、アウトプットする」
というイメージもあった。
自分のもののはずなのに自分のものとは思えない、よそよそしいことば/記憶を、よそよそしいままに、このからだのなかを通過させたかった。

そうして書きとめた文字を展覧し、見学する。